西吉野農業高校のご案内

西吉野農業高校は、現在の賀名生分校を県立五條高校から独立させ、五條市が設置・運営する『昼間定時制』の高校です。また、設置の時期(令和3年4月)に合わせて、校地・校舎を五條市学校適正化により使用しなくなる西吉野中学校・西吉野小学校の跡地に移転します。

西吉野農業高校では、これまで賀名生分校が培ってきた指導のノウハウや特色ある学校行事などを引き継ぎ、「緑と柿のふるさと」五條市西吉野町にふさわしい学習活動を先生・生徒が一体となって進めていきます。
なお、令和3年3月末に在籍する賀名生分校の生徒は、全員、西吉野農業高校の生徒になります。

学校の特色(目指す学校の姿・教育方針)

賀名生分校が実践してきた「生徒と先生の心が通い合う指導」を継続し、生徒それぞれの個性や能力を存分に発揮できる取組を展開します。

専門教科「農業」の学習では実習を中心に知識や技術を習得し、「やればできる」という自信と誇りのもてる指導を行います。

賀名生分校では、学習の深化を図ることを目的に、長年、「北海道現場実習」「農業クラブ活動」「収穫祭」「耐寒マラソン」などの活動を実施するとともに、地域とつながり地域に親しまれる学校づくりを目的に、「ふれあい健康際」「清掃奉仕活動」などの社会参加活動にも取り組んできました。

西吉野農業高校でも、こうした社会参加活動に積極的に取り組み、地域とともにある学校づくりに力を注ぎ、地域に支えられ、地域を支える学校づくりにまい進します。

沿革(概要)

1950(昭25)年5月1日

奈良県立五條高等学校賀名生分校創立(賀名生中学校にて開校 設置者:賀名生村)

1955(昭30)年4月

賀名生分校独立校舎竣工(賀名生村神野635)

1959(昭34)年4月

賀名生村、白銀村、宗桧村の合併により西吉野村誕生 設置者が西吉野村に変更

1966(昭41)年7月

第1回北海道現場実習実施

1974(昭49)年5月

第1回健康祭開催(以後、毎年開催)

1980(昭55)年4月

創立30周年記念式典

1992(平4)年5月

「健康祭」を「ふれあい健康祭」に改称

2000(平12)年10月

創立50周年記念式典

2004(平16)9月

校舎移転(西吉野村黒渕888)

2005(平17)年9月

五條市、西吉野村、大塔村の合併により新生五條市誕生 設置者が五條市に変更

2010(平22)年11月

創立60周年記念式典

2015(平27)年7月

北海道現場実習50周年記念行事(於:北海道余市町)

2017(平29)4月

家政科募集停止

2018(平30)4月

全国募集スタート(県外から17名入学)

2020(令2)

創立70周年記念式典(式典挙行の時期は未定)

2021(令3)3月31日

五條市立奈良県立五條高等学校賀名生分校閉校

2021(令3)4月1日

五條市立西吉野農業高等学校開校(在校生は学籍異動)

教育目標

教育方針

教育課程

(令和2年度入学生の教育課程です。令和3年度入学生の教育課程は少し変更する予定です。)

  • 科目に㊫を冠したものは学校設定科目(地域の特色を踏まえて学校独自に設定している科目)です。
  • 授業時間は1日5時間。3年生は1日/週、4年生は2日/週、就労する日を設定しています。農家等へ就労に出る生徒は登校しないので、履修単位数は、1・2年生に比べて、それぞれ5単位、10単位少なく設定しています。

〒637-0111
五條市西吉野町江出174番地の1