西吉野農業高校の魅力

柿生産日本一を誇る五條市。その五條市西吉野町に位置する小さな学校「西吉野農業高校」。賀名生分校で培ってきた「すべての生徒と先生が心を通わせ合いながら、豊かな自然環境の中で未来の農業担い手としての力をつける教育」を引き続き実践します。

地元農家・農業法人等との連携

賀名生分校では、未来の農業担い手を養成するため、専門教科(農業)の学習、特に実習を重視し、その多くを地元農家や農業法人などから学びます。また、1・2年生の実習で学んだことを生かして、3年生で週に1日、4年生では週に2日、平日に地元農家や農業法人で就労します。

多彩な年間行事

さまざまな社会参加活動や、新入生歓迎球技大会・収穫祭など、楽しいイベントがいっぱい。
4年生は、学習の一環として北海道余市町で現場実習を行います。この現場実習は希望者のみの参加になりますが、余市町の農家に分宿して10日間の日程で実習します。

食事付き寄宿舎を完備

県外などの遠方から入学する生徒が安心して高校生活を送れるよう寄宿舎には、舎監が常駐するとともに、生活指導員が生活指導等を行います。寄宿舎は第一桜花寮・第二桜花寮があり、入学当初は第一桜花寮に入寮し、原則として3年生から第二桜花寮に入寮します。全室バス・トイレ・IHキッチン、冷暖房付きで、朝夕の食事は栄養士が常駐する業者からの配食です。寮使用料 光熱費込み 月額7,000円~食費(朝夕食)1日990円(価格は変動する場合があります。)

〒637-0111
五條市西吉野町江出174番地の1