賀名生分校のご案内

賀名生分校のご案内

賀名生分校は、五條高等学校の昼間定時制分校です。
四季折々の美しい自然が残る「緑と柿のふるさと」西吉野町にあり、すべての生徒と職員が心ふれあって学習することができ、自分の個性や能力を思う存分発揮できる学校です。

学校の特色

賀名生分校は、四季折々の美しい自然が残る「緑と柿のふるさと」五條市西吉野町に位置し、すべての生徒と先生が心を通わせ個性や能力を存分に発揮できる学校です。

専門教科では実習を中心に据えて知識や技術を習得し、「やればできる」という自信と誇りを持つことのできる学校です。

学習の深化を図り達成感を体感するため、長年、「北海道現場実習」「農業クラブ活動」「収穫祭」「耐寒マラソン」などの活動を実施してきました。

地域とつながり地域に親しまれる学校づくりを推進するため、「ふれあい健康祭」「清掃奉仕活動」などの社会参加活動にも取り組んでいます。

沿革(概要)

1950(昭25)年5月1日

奈良県立五條高等学校賀名生分校創立(賀名生中学校にて開校 設置者:賀名生村)

1955(昭30)年4月1日

校舎竣工(賀名生村神野635)

1959(昭34)年4月1日

賀名生村、白銀村、宗桧村の合併により西吉野村誕生 設置者が西吉野村に変更

1966(昭41)年7月

第1回北海道現場実習実施

1974(昭49)年5月

第1回健康祭開催(以後、毎年開催)

1992(平4)年5月

「健康祭」を「ふれあい健康祭」に改称し継続開催

1992(平4)年5月

「健康祭」を「ふれあい健康祭」に改称し継続開催

2005(平17)年9月

五條市、西吉野村、大塔村の合併により新生五條市誕生 設置者が五條市に変更

2010(平22)年11月

創立60周年記念式典

2015(平27)年7月

北海道現場実習50周年記念行事(於:北海道余市町)

2017(平29)4月

家政科募集停止

2018(平30)4月

全国募集スタート(県外から17名入学)

教育理念

  • 幅広い教養と専門知識・技能を身につけ、豊かな心と高い志をもって地域社会の産業・文化の発展に貢献します。
  • 農業高校として、生徒の誇りや自信を高めるよう、美しい学習環境を整え特色ある教育活動を推進します。
  • 農業教育を通して命の大切さを学び、他者へのいたわりや人間愛に満ちた高い道徳心を育てます。

教育方針

  • 専門教科(農業)を重視し、特に実習を大切にします。
  • 実習の多くを地元農家や農業法人のプロから学びます。
  • 3、4年生では就労を取り入れ、より質の高い技術習得を目指します。
  • 4年間の実習と就労を通じて、地域の農業従事者と密接な関係を築きます。
  • 卒業後は農業法人への就職を目指し、さらに意欲と努力次第で独立できる仕組みを市農林部局や農業団体などと連携してつくります。

教育課程

(H30年度入学生の教育課程 H31年度入学生も同様に計画しています。)

科目に㊫を冠したものは学校設定科目(特色ある教育課程編成のため、地域等の特色を踏まえて設定している科目)
授業時間は1日5時間。3年生は1日/週、4年生は2日/週、就労のため登校しないので、履修単位数は、1・2年生に比べて、それぞれ5単位、10単位少ない。

〒637-0102
奈良県五條市西吉野町黒渕888番地

  • 0747-32-0043
  • 0747-32-0051